志賀文学における運命の超克

価格: ¥3,150 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

本稿は、直哉の処女作から晩年に至るまでの主要な作品を取り上げ、その世界に現れた宗教批判、禅への偏愛、死生観、救済の問題に関する考察を通して、人間における運命の超克が、如何にして成し遂げられたかを追求した。

ページトップへ